今日まであんまり梅雨入りした実感なかったけど、今日は正にの雨降りでした。


濡れても安心なように、木綿の浴衣に半衿つけて、着物として着ました。


でもですね、今日の雨、結構降ってまして。


雨対策なしで着物で出かけると、どうなるか。




①ひざ下完全びしょ濡れ。

②傘持ってない方の袖、肘上辺りから先びしょ濡れ。

③背中は濡れないが、帯が濡れる。

普通の草履で足袋びしょ濡れ。

⑤傘から垂れた水滴が、時々衣紋のところに落ちてヒャッとなる。




洋服でも同じですかね。





雨ゴートというレインコートのようなアイテムもありますが、それでもも濡れるのが怖いので、雨の日には正絹のものは、あまり着たくありません。

雨の日には木綿の浴衣やポリなど、洗える素材、濡れても安心なもの、気を使わずに着れるものを着ています。

そして色落ちには注意!

草履の鼻緒も色落ちして、足袋に染みになってしまいました(>人<;)


袖は、身体から離れないように脇の下に巻き込むように挟み込むといいかも。

雨草履だと濡れないのかな?持ってなくてわからない。コーデの雰囲気が固定されちゃうけど、やっぱり、雨の時はスニーカーかブーツが1番。今日のコーデも、スニーカーでよかったかも。

着物は、ポリや木綿、濡れても大丈夫なものを着るのはいいんだけど、木綿やデニムなどは濡れたらすぐには乾かないので、足元や袖の濡れなどで、身体冷やさないように注意!

足袋が濡れていると、電車とかけっこう寒いです。

風邪をひかないようにお気をつけください。



とはいえ、あまり無理せず洋服でもいいと思います。



色落ち・縮み・雨染み

正絹などで、水に弱いものは、お気をつけください〜








撮影して頂きました。

6/21 着物カレンダー


 

傘もコーディネートの一部にするのも楽しいですよー。