アーカイブ

2016年11月

着物でディズニー☆和装白雪姫in東京ディズニーランド

着物でディズニーに行ってきました。


私服でディズニーキャラクターのイメージでコーディネートする事をディズニーバウンドと言うらしい。


着物も私服なので、これもディズニーバウンド。

着物でディズニーバウンド。白雪姫。



以前出展したイベントの、着物体験ではコーディネート例として用意してたのですが、この機会に自分でも着てみました。


着物でディズニーに行く時の注意点3つ。

1:アトラクションの乗り降り、結構段差が高いので、足元はブーツやフラットシューズやスニーカーにして、着物は短めに着付るのがおすすめです。短めに着るときは、草履だとバランスが悪いです。

乗ってしまえば、何の問題なく座れますが、乗り込む時、降りる時がちょいとキツイです。

普段から普通にガシガシ歩いてますが、段差があるので、歩くときよりもっとがばーっと一歩を広げないといけません。

沢山歩くのでスニーカーを合わせようと思ったのですが、今回のコーディネートでは雰囲気がちょっと合わなかったですね。

もともと着物も色無地で、かっちりの印象の着物なので、草履の方がしっくりでした。


2:スプラッシュマウンテン乗る時は要注意!!場合により濡れます!!

スプラッシュマウンテンに並び始める時、キャストの方に、濡れる可能性がありますが、大丈夫ですか?と聞かれます。「大丈夫です。」と並びましたが、「素敵なお召し物、 お気をつけて。」と言われます。笑



3:ディズニーに限らずですが、冬は防寒対策もお忘れなく!!

コーディネートを考えるのに気を取られ、防寒を全くもって忘れまして、めちゃくちゃ寒かったです!!!!

この時は、ご一緒した方に手袋とファーのえりまきをお借りしました。

特に寒さを感じたのは、脇と首と手。

ストールだけでは足りないので、プラスでえりまきもあったほうが良いかと。そして、手袋とあったか系のインナーも。

11月上旬でこの装備なので、もっと寒くなったら、更に必要だと思います。

特に外で長時間並ばないといけない時など、あんまり寒いと、楽しむどころじゃなくなります。






コーディネートについては、とりあえず青と黄色と赤アイテムを合わせて、赤いリボンのカチューシャをすると、白雪姫になります。

上半身アップ。
半衿と半幅帯、帯揚げを黄色に。

ストールと帯締めとショルダーバッグを赤に。

帯留めはりんごのブローチです。鳥ちゃんもいますよー。



りんごのバッグも作りました。でかくて、りんごっぽくないですが。






パレード中のムリクリ2ショット!白雪姫に会いたかった!
 






手持ちの着物アイテムで、以前アリスコーディネートをやったことがありますが(こちら)、あとハートの女王と、黄色の着物があるので、ベルもできるかな。

またの機会にぜひ他のキャラクターもやりたいな。


ミッキーに会うと、「ミッキー!!!」って、急にテンション高くなる。





キャストの方には、着物について話かけられたりしましたが、ゲストの方々にはそこまで注目されませんでした。笑

最近は、みんな思い思いの格好して楽しんでるからね〜。

目立つのがお嫌いな方も気にせず、着物でディズニー楽しんでください。
















ロリータ × 着物 ハロウィンバージョン

先日の撮影会in原宿でご一緒した、大人のロリータファッションアドバイザーTomokoさん(ブログ)のスタイリングをさせていただきました♪ ロリータと着物のコラボです。
tomokoさんお手持ちのロリータアイテム。

帯の代わりにコルセット
インに着たスタンドカラーのフリルのシャツ
着物の裾から少し覗かせたフリルのロングスカート
ソックスと靴
黒レースの手袋
ロリータアイテムではないけど、ツノ!Tomokoさんのお手製!すごい!

それ以外は私のアイテムでコーディネートしました。

オレンジの着物は着物リサイクルショップたんす屋さんんで、1000円。ハロウィンに着る!!と即決。
裾からロングスカートが見えるくらいに短く着付けました。そうするとおはしょりがとても長くなってしまって、バランスが悪いので、おはしょりをたたんで長さを調整。今回は、衿もとを止める紐の代わりにコーリンベルトとゴムベルトが一体化したものを使ったので、そのゴムベルトに挟み込みました。



必要ないけど念の為買ってあった(たまたま家にあった)、黒のレースの飾りを左衿に縫い付けました。胸元のアクセントに効いてます。買っといてよかった!

帯の代わりにコルセットだと、洋な感じが強くなりますが、帯締めを結ぶと和の雰囲気が戻ってきます。

レースのストールを、しごき風にコルセットの下に結んで、ひらひらさせました。


そして、コーディネートの最大ポイント!!
背中にデビル羽どーーん!!! 
Tomokoさんにツノを持ってきてもらったのは、この羽をつけたかったから!!


Tomokoさんオレンジメイン、私黒メインのハロウィンカラーで、リンクコーデでした。

ご一緒した、ヨミコさんはゴスロリファッション。オールブラックで真っ黒なんだけど、華やか!
私の黒コーデとリンクしてました。


ハロウィンの仮装もそうだけど、お友達と一緒に、カップルで、親子でリンクコーデや双子コーデをするという、また違った楽しみ方もできます。




原宿の後は、新宿のキリストンカフェというところで足を休めながらお酒飲んできました。

コンデジ
Sony rx100で撮影


スマホで撮影
映画のセットのような内装のレストラン。舞踏会とかやってそう。写真が撮りたくて行きました。

アリスのレストランもそうなんですが、こういうコンセプトレストランていうのかな?好きです。自分もストーリーの一部な気分になれます。ディズニーもそう。

スマホで写真撮るには、店内ちょっと暗かったかな。



ハロウィンということで、お客さんも仮装して食事に来てる方とても多かったです。

ハーレクインやミニスカナース、ゾンビが、普通にお酒飲んで食事してるのも、なんともシュール。


コスプレと着物でハロウィンと、思いっきり楽しんだ今年のハロウィンでした。 



黒羽織と黒のトーク帽でハロウィンコーディネート

今年の着物ハロウィン

私のコーディネートについて



写真撮影
毎日更新!着物カレンダー
管理人・カメラマン
坂口徹則さん

着物カレンダー→http://kimono-calendar.com/ja/
ハロウィンカラーの黒とオレンジ。黒ベースに小物でオレンジの差し色を入れました。コーディネートのメインは、黒の羽織。

亡くなった祖母のタンスに、推定40年以上(もっとかも)眠ってたものを、サルベージしてきました。

三つ紋入りです。我が家の家紋が、背中心と両袖に入っています。紋が入ると格(フォーマル度)が上がります。





紋が入ってる黒い羽織。

生地自体の柄(地紋)はありますが、紋以外は何の柄も入っていない無地です。

そして疑問

紋が入ってるってことは、格(フォーマル度)は高いのよね?いやでも、着物じゃなくて羽織だし?羽織って、フォーマルな席では基本着ないよね?

えーでも、紋入ってるし。

どっちやねーん!

モヤモヤー!

着物関連のルールやマナーっていろいろあって、ややこしいのですが、このアイテムはどんな場面に使うのかなー?と、ちょっとネットで調べてみました。

ざっくりまとめると、小紋や紋ナシの色無地・江戸小紋などの、普段着にこの紋付の羽織を羽織って格上げするためのアイテム。洋服でいうと、黒のジャケットかな。きれいめなワンピースやブラウスに、黒のかっちりジャケット着ると、きちんとになる感じ。

紋が入ってなかったら、ただの黒い羽織なので、普段着です。  

昔々の昭和のお母様達は、入学式、卒業式に、みんなこんな黒い羽織を着てたんですって。 

絵羽柄(要は柄)が入っていなければ、慶事、弔事どちらにも着用できるそう。

何て便利なアイテム!!!

と思ったけど、今は廃れてしまったTHE昭和なアイテムだそうで。 

時代的には、明治から昭和50年くらいまで。ウィキペディアより。

でも、単純に流行という訳ではなく時代的な理由も。貧しい時代、高価な格の高い着物を揃えられなくても、普段の着物プラスで、格上げすることができる。

やっぱり便利アイテム。




ただ、流行りが終わったものと聞くと、一気に着てはいけない気分になる。。。いや、流行りというかクラシック、トラディショナル過ぎるのか。ちょっとリアルコーデにはあわせずらい。(ただでさえ昭和顔なのに)



実際街中では見たことないかなぁ。

例えば結婚式に向かう道中のコートの代わりにはいけるかな。

という事で、本当の着物のルール的には、礼装(正しくは略礼装)ということになって、普段着・カジュアル使いはあんまりしないアイテムなんです。




んが、

今回はハロウィンコーデ!!

格(フォーマル度)の高いものをカジュアルに落として、着るのもあり!(お値段を気にしなければ)

イベント参加の時とか、黒留(結婚式で母親やおばさんが着てるやつ)をブーツやパンプスに合わせておしゃれにかっこよく着てみたい!



ハロウィンということで、黒のトーク帽・黒の着物・羽織で喪服イメージだったんだけど、むしろ実際に弔事に使えるアイテムなので、ぴったりでした。

THE昭和なアイテムだって、帯や小物の合わせ方によってはモダンにコーディネートできます。

今回のように、タートルネックやパンプスに合わせて洋ミックスで着るのもおすすめ。





着物って、種類とかルールやマナーなどのなんやかんやがほんと難しい。

私もまだまだわからない事ばっかりで、お店の店員さんや着物を着てらっしゃる諸先輩方、グーグル先生にもお世話になってます。



着物は難しくてわからないからと、敬遠しがちな人へ。

洋服で考えて、ある程度フォーマル度が求められる場面の時だけ、誰か詳しい人に聞いて対応すればいい。それ以外は普段着、カジュアルなのでだいたいざっくりで大丈夫!


楽しむ事を第一に。






コーディネート詳細

着物:ポリの小紋(たんす屋)

帯:コットンのテキスタイル半幅帯(ラユカワークス→minneショップ)

黒紋付羽織:タンスの肥やしだったおばあちゃんの

帯揚げ・帯締め:セットで2000円くらいだったかな。楽天の着物ショップ

帯留め:かぼちゃのヘアゴムをぐるぐる(スリーコインズ3年前くらいの商品)

タートルネック:前日に古着屋さんのおばさまコーナーで、首と手首がひらひらのタートル発見!(普通の洋服の古着屋さん)

着物に重ねたロングスカート:何かのコスチューム用のスカートで、ちょっとボリュームありすぎだけど。(フリマ)

オレンジソックス:蜘蛛の巣柄。(雑貨屋さん)

パンプス:普段から使ってるやつ。ノーブランド

トーク帽:下北沢の古着屋

黒レースの手袋
パールのネックレス
(どちらも楽天のショップ)





おばあちゃんはこの羽織をどんな場面で着たのかな?

もしかしたら一度も着てないってこともあるかもね。

いつどんな経緯で誂えたのかな?

もう聞くことはできない。

私の小さい頃から、ずーっとあったのにね。

考えると不思議な気分。


このページのトップヘ

見出し画像
×